ウェルネスダイニング 透析

ウェルネスダイニングは透析中でも食べられる?危険性はないの?

ウェルネスダイニングの宅配食は、

  • 健康維持や健康に不安のある方
  • 栄養バランスが悪くなってしまった方

などさまざまな人に向けられた、健康食品です。

 

チェック

そこで今回は、透析中で食事に制限があり、いろいろな献立などを、考えて作らないといけない人の為に、ウェルネスダイニングの宅配弁当は食べれるのか?危険性はないのか?、などを徹底調査し調べましたので、皆さんの参考になれば嬉しいです。

ウェルネスダイニングは透析中の患者さんにおすすめ

透析の食生活

ウェルネスダイニングの宅配弁当は、糖尿病や腎臓病、透析中の方でも安心して食べられるよう、専門の栄養士の方が考えて調理さています。

 

なので、透析中の方でも問題なく食べる事ができるでしょう。

 

また、ウェルネスダイニングには「カロリー制限気配り宅食」「塩分制限気配り宅食」「糖質制限宅食」「タンパク質制限、塩分調整気配り宅食」など、

 

全部で6つのコースが用意されており、透析中の患者さんにおすすめの宅配食です。


ウェルネスダイニングのたんぱく&塩分制限気配り宅配食とは?

ウェルネスダイニングのタンパク塩分制限気配り宅食は、揚げ物や炒め物ばかりにならないようにしています。

 

粉飴などが使用されており、カリウムやリンなども、調整された食事で、こちらの宅配弁当は、1食あたりの栄養成分は少なく作られているので、

 

1日の摂取量を抑える事ができます。

 

そのため十分に栄養バランスをとる事ができ、レンジで温めるだけ食べられます。

 

透析中の患者さんでも、安心して食べられますし、自分で栄養成分や摂取量を考えて、計算し作るのはとても大変な事です。

 

それらを解決してくれるウェルネスダイニングのタンパク塩分制限気配り宅食は、効果的で魅力のある健康食品なのです。

ウェルネスダイニングのカリウム摂取量

ウェルネスダイニングの宅配食なら、カリウム摂取量が1日3食で1950mgとなっており、摂取量も専門の栄養士の方が、きちんと計算して作っていますので、腎臓病の方でも召し上がる事ができます。

 

また、腎臓病のある患者さんが、1日に必要とするカリウムの摂取量の目安は、2000mgとなっていますので、腎臓の機能が低下して十分ではないため、本来ですと尿とともに排泄される、カリウムが血液中に蓄積してしまいます。

 

それらの事から、タンパク塩分制限気配り宅食に含まれている、カリウム摂取量はまさに最適と言えます。

ウェルネスダイニングのリン摂取量

腎臓病の患者さんが必要とする、1日のリンの摂取量の目安は1100mgとなっており、ウェルネスダイニングの気配り宅配食ですと、1日3食で900mgですので、程よい量のリンを摂取する事ができます。

 

こちらもカリウムと同様で、食事をする事で体内に取り込まれ、余計なものは尿とともに排泄されますが、腎臓病の患者さんですと、腎臓の機能が低下して十分ではないため、排泄されずに血液中にたまり、高リン血症となります。

 

そんな透析中の患者さんの為にあるのが、ウェルネスダイニングの気配り宅配食ですので、安心して食べる事ができます。

ウェルネスダイニングのたんぱく&塩分制限気配り宅配食の味は?

ウェルネスダイニングのタンパク塩分制限気配り宅配食は、プロの栄養士の方が、栄養バランスを配慮し作っている事もあり、おかずの種類や量、味付けも、どのお弁当も十分に満足できる宅配食です。

 

例えば、野菜コロッケ弁当ですが、大きな野菜コロッケの表面がサクッとしていて食べごたえがあり、野菜も甘みがあってとても美味しいですし、副菜にはしっかり豚肉も使われており、こちらも美味しく頂けます。

 

全体的に、野菜中心の献立ばかりで少なく感じますが、副菜にはお肉やサラダなども、含まれていますので、十分満足感も得られます。

【まとめ】

結論から申しますと、ウェルネスダイニングのタンパク塩分制限宅配食は、腎臓病で透析中の方でも、安心して召し上がる事ができます。

 

食事制限で食べれる物が限定されていても、ウェルネスダイニングでならきちんと計算して、作っています。

 

栄養バランスなどを考えて、献立を決める必要がなく、自宅に配送してくれますので安心ですね。

 

 

ウェルネスダイニング公式サイト

 

page top