ウェルネスダイニングの味は美味しい?添加物は使われてる?

ウェルネスダイニングの味は美味しい?添加物は使われてる?

添加物

ウェルネスダイニングの気配り宅配食は、老若男女誰でも手軽にお試しいただける、宅配弁当です。

 

栄養士の方が食材を厳選し、栄養バランスのとれた、食事を提供してくれます。

 

また、ウェルネスダイニングの宅配食は健康食という事もあり、味や添加物が気になっている方もいるかと思います。

 

そんな方のために、この記事では、それらを調査して調べた内容を紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。

 

ウェルネスダイニングの味は?美味しい?まずい?

おいしい?まずい?

ウェルネスダイニングの宅配食には6つのコースがあり、プロの栄養士によって、1つ1つ丁寧に、作られていますが、中には「合わない」「あまり美味しくない」といった話しも、たまに耳にします。

 

しかし人によって、好き嫌いがあり好みも違います。

 

実際に多くの方が、このウェルネスダイニングの宅配食は、味付けがしっかりしていて、美味しいと満足しているからです。

 

他の宅配食サービスよりも、健康維持や栄養バランスが考えられており、さらにプロの栄養士が作っている為、ぜひともおすすめしたい宅配食です。

 

ウェルネスダイニングに添加物は使われてる?

添加物は入ってるの?

ウェルネスダイニングの公式サイトを見てみると、人体に影響するような防腐剤などの添加物は使っていないとあり、解凍したらすぐに食べる事が前提に作られています。

 

では実際に、ウェルネスダイニングで使われている原材料に記載されている食材のうち、食品添加物だけを、いくつかピックアップしました。

 

「風味調味料」「ソルビトール」「酸味料」「着色料」「ショ糖エステル」など、味やとろみを出すために、多少の添加物は使われている事が分かります。

 

殺菌剤や保存料を使う代わりに、酢酸Naや酢酸Caといった、安全性の高い「日持ち向上剤」と、いうものを使用しています。

 

ウェルネスダイニングの安全性に対する数々の取り組み

食品の安全性

食の安全が守られてこそ美味しい手作り宅配健康食がお届けできており、ウェルネスダイニングの安全性に対する、数々の取り組みを紹介していきます。

 

調理工場は衛生管理を徹底し、いかなる不衛生要素を取り除いた、万全な体制で調理、盛付けや梱包にあたっていいて、盛り付けと同時に、シュリンクパックで完全密封した、お食事を瞬間的に冷凍しています。

 

また、調理はあえて完成の9割ほどで加熱した未完成品の状態で、急速冷凍しています。

 

これにより、お召し上がる直前に、電子レンジにて加熱調理していただき、この2度加熱により、非常に安全性が高くなります。

 

野菜についている泥は、まさに菌の固まりです。

 

熱に弱い菌、食中毒を引き起こす菌など様々ありますが、殺菌しても毒素が残る、可能性があるため、はじめから菌が少ない状態で仕入れます。

 

これらの事から、毎日菌検査を行い、衛生状態を保ち、工場内の衛生点検も定期的に行う事で、確かな品質を保っています。

 

【まとめ】

上記であるように、ウェルネスダイニングの宅配食は、美味しく召し上がれるように、食材から衛生管理を、徹底し調理されています。

 

また、味やとろみなどを出すために、多少の添加物を使用していますが、体に悪影響を与えることはありませんのでご安心ください。

 

さらに工場内の、衛生管理や栄養士の人たちも、殺菌や点検も行っていますので、安全な品質を保っている事が分かります。

 

このことから、ウェルネスダイニングの宅配食は、美味しく確かな安全性を持ち、お客様に提供しているのです。


page top